自家製 鯵の干物の作り方!!(番長ブログ)


おはようございます!
「干物の作り方を教えてくれよ番ちゃん」とお客様に言われまして、以前の記事をそのまま載せます。
味が良いから鯵(アジ)…そのまんまです(笑)
本日は、鹿児島県出水(いずみ)産の特上な鯵を、入荷ホヤホヤで干物にしちゃいました?。
早速、根津松本流の干物作りをご紹介致します!!

綺麗に開く。

流水で流しながら、歯ブラシを使って、血と汚れを洗う。 この時に、身を傷つけないように。

洗い終えた魚は、海水程度の氷水に投入。 水で洗うと、身が白くなるので、元に戻す効果と、間に入っている血を抜く事が出来ます。 この作業を怠ると、見栄えも良くなく、臭いも出てしまいます。

約10分後、氷水からあげて、水気をペーパーで拭き取ります。
*濃い?塩水に漬ける。塩度は20%?25%。これが松本流。
海水位とか、海水よりチョットしょっぱめとか、よく聞きますが、あれは嘘です。 潮の旨味を中に閉じ込めなきゃ~いけないんです。 「そんなのただの塩焼き食べた方がまし」
☆濃い~塩水作り☆
鍋にたっぷりの水、大きめの出し昆布、80度で1時間、放置。そこに、先程の塩を溶かす|( ̄3 ̄)|完成
魚の身質、脂、季節にもよりますが、鯵は18分?22分漬けます。

ボールに水を張り、表面の塩を軽く洗い流す。 ペーパータオルで水気を拭き、干す。
当店では、特製の乾燥機を使用し、約2時間で、鮮度を落とさず、中はふっくらと仕上げます。
ご家庭では、バットに並べて冷蔵庫で一晩寝かせると綺麗に仕上がりますよo(^▽^)o

完成? ようやく店頭に♪
1枚840円です。 いつの日か、お買い求めお待ちしております!!
いつもありがとうございます!
因みに、昨日の2014天皇賞秋は、完敗!! それでも飲み過ぎました。
それでは、また明日。

関連記事一覧

コメント

  1. 先日こっそりセレブおばさま達に紛れて来店したよ♪(写真勝手に借りました。事後報告ごめん)
    炭火焼き勇気がなくて頼めなかったf^_^;
    本当は番ちゃまの鯵の干物が食べたかったけど(売り切れでした)、楽しそうだから試しにやってみよう?☆

  2. サクラ様様☆
    来たのか!! なんで言わない!!
    でもありがとうございます^ ^
    忙しくて、適当じゃなかったかな?? 今度は言ってね^ ^ サービスしますから?。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。