2014 江戸前の小肌。


おはようございます!
江戸前寿司、光り物代表の小肌。
江戸前の小肌はやはり旨いです。
綺麗に開いて、酢締め。

作り方詳細はこちら→小肌の作り方
今思えば、↑↑この小肌の記事が、当ブログの始まりでした^ ^
懐かしいww 初々しいww 真面目な感じがww
今、お酢に入りました!
オスっ。
オラ悟空。
と、こんな感じで。

海鮮ぬた 芥子酢味噌和えに。

生チラシにも。
いつもご覧いただきありがとうございます。
それではまた明日。

根津松本ホームページ
http://www.nezu-matsumoto.com/original.html
TEL:03-5913-7353
お気軽にご連絡下さい!

関連記事一覧

コメント

  1. 宝石箱やぁ~!!!!
    誰かさんの真似ではないけれど、キラッキラっしてて鮮度がいいのもわかるし、とにかく美味しそう♪
    溜息でちゃうな~

  2. マギちゃん♪
    そうそう この商品名 「海鮮宝箱」だよ(^_^)
    流石!! いつもありがとうね?!!

  3. お寿司の中で一番式なのが小肌なんです? 
    生チラシ、ほんと宝石箱ね♪・・・・美味しそうすぎる!!!

  4. サクラさん♪
    小肌が一番、「式」なんだ?^ ^
    ツウだね!! お寿司屋さんの仕事が伝わるからね!
    いつもありがとう!!

  5. ぎゃ~~~~~wwwww
    こんなキラッキラなちらし寿司、見たこと無い~~!!
    こういうのこそ「宝石箱」って言うんだなぁ。ほんと綺麗。
    食べてみたいなぁ~~
    (* ̄∀ ̄*)。oO(こはだのすぅ~~~~♪)←江戸時代の寿司売り

  6. ココチャマ☆
    ありがとう!
    綺麗なだけじゃなくて、美味いよ^ ^
    冥王星まで届けます!

  7. .*゚・。ヽ(*´∀`)ノ.*゚・。ワハ~イ♪ 
    と、一瞬 喜んだけど、よー考えたら
    冥王星に届くまでには「なれ寿司」に変わってると思うの。
    (´;ω;`)ウッ

  8. 確かに!!
    「なれ寿司」で、原型をとどめてないね^ ^
    どうしよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP