網走特上釣りキンキの干物 根津松本仕上げ


吉次、キンキ、めんめ、キンキン等いろいろと呼名はありますが、当店では、左向きを「ツヨシ」、右向きを「光一君」と呼ばせて頂いております。
例えば、ツヨシの方の鮮度が落ちてきたら、「剛!しっかりしなさい!!」的な。

非常に脂が強く、現在TOKYOでは、高値で取り引きされていますが、1960年代までは、肥料や、蒲鉾の材料にしていたと言いますからね、ちょっと信じられません。
ウロコが強いので、キッチリと取り、開く、綺麗に洗い、特製塩水に着けて、干す。
焼くと皮目が脂でパリッと、中はジューシー♪(´ε` ) お酒よりご飯。
1枚 5250円です。
魚・海鮮、一日一回、応援ポチッ↓↓と押してくれたら、根津松本、幸せです!にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村

根津松本ホームページ
http://www.nezu-matsumoto.com/original.html
TEL:03-5913-7353
お気軽にご連絡下さい!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP