高価な光り物。新子!


江戸前の寿司職人達が、いよいよ本気になる季節が到来してまいりました。
一年中、光り物の代表コハダの季節、脂の乗り、産地、大きさを求め、寿司職人、我々魚屋は追いかけております。江戸前には無くてはならない物だからです。
そしてこの季節、コハダの稚魚、新子が姿をあらわし、職人達は腕を振るうのです。(一昔前の旬は、残暑。旬の変動により現在の季節感は6月末、9月頃には、小肌のサイズに成長)

意地と誇りと見栄の世界。
初荷、キロ3万?5万。1尾、小指の先位で約300円。寿司一貫に3枚?5枚付け、原価にして一貫900円?1500円。
2週間も経てば、価格は暴落するのに何故そこまで? お客様と職人の意地とメンツですね。江戸っ子の気質です。
小さく、繊細な魚。相当な数を、早く綺麗にさばく。塩、酢の塩梅は1秒の違いで差がでます。各職人の技と誇り。
それが新子です。

根津松本ホームページ
http://www.nezu-matsumoto.com/original.html
TEL:03-5913-7353
お気軽にご連絡下さい!
料理Blogランキングに入ってます!ポチッと宜しくお願いします!→にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP